こんにちは、ユウシャイン☆です。



前回までのお話。








ある日の退勤後、先輩方と
職場最寄駅に向かうと
人身事故により電車が止まっていた。


しかも複数路線で止まっており、
復旧まで見通しが立っておらず、
振替輸送を利用するしかなかった。


どうやって帰れば良いか迂回経路がわからず、
先輩方は不安になっていた。


この時、駅員での経験が役に立った。


ワタクシは鉄道会社を退職した後も
乗り換え案内や定期券の販売等の経験で
首都圏の路線図が頭に入っていた。


自宅最寄駅を聞けば大体の迂回経路がわかった。

6E8B8E36-26B3-4BF5-A981-60CEBEC7DAEA


すると、自分では想像していなかった先輩方の反応が
帰ってきた。


5EE08C2B-B43E-4001-B878-CF590B7994E3


このことをきっかけに、先輩方との距離が縮まり
職場でのコミュニケーションがとれるようになった。


今思うと、どうせ自分は向いてないとか
経験者ではないしといったネガティブなオーラが
周りを寄せ付けなかったのかなって思う。


それからは駅員キャラを包み隠さず全開にさらけ出す
ことで、自然と人と関わりを持てるようになった。
B316D69C-F427-47C1-B5AF-575410A4C692



自分らしさと、今まで経験したことに自信を持って
前に進むと良い方向に行くのかもしれない。


このことがあって、人と接する時は
相手の経歴や存在にリスペクトするようになった。
すると年齢性別問わず人間関係が良好に保てたように
思う。


承認欲求が強い世代と関わりを持つことが多かった
から、(イイね👍が欲しい人)
存在承認(あなたがいてくれると本当に安心する)
をすることはとっても大事だと思った。
E0286FCD-B026-48D5-B1BB-81A0CAAEFBD4



そんなこんなで職場配属から半年になろうとする頃、
あの方達がワタクシを訪ねてきた・・・

DE4F7A5B-9C80-4655-A5B5-0DB4B8ABE2A2




続く。






この度も最後までお付き合いいただき
ありがとうございます🕺💦

ランキングに登録しております😳
下にあるトマトをクリックしていただけると
嬉しいです😳



 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村